旅行中に熱が出た!コロナ禍の発熱は本当に大変です。

こんにちは、せーじんです。

せーじんは先日、家族と沖縄へ旅行をしてきました。

GO TOトラベルを使いましたが、本当にお得に旅行ができました。

日航アリビラへの2泊で、朝夜の食事と往復飛行機も込みで1人4万5千円くらいなんですが、。

そこからGO TOトラベルで35%割引になり、実際に支払う金額は1人2万9250円

さらに地域共通クーポンが1人6750円分もらえちゃいます。

1人当たり実質2万2500円です。

でも、今回の旅は本当に波乱が多くて。

今日の記事では、旅行中の事件の一つ、旅先での発熱をお届けします。

コロナ禍が流行しているいま、旅先で発熱するとどうなるのか、

ぜひごらんくださいませ~

とても親切に対応してくださった、

スカイマークエアラインの皆さま、

沖縄県立中部病院の皆さま、

ホテル日航アリビラの皆さま、

ありがとうございました。

あらためて、せーじんは沖縄が好きになりました。

おかげさまで、じろうはすっかり良くなりました。

こんなことを書いています

みんな元気に家を出発!

羽田空港まで車で一時間ほどかかるのですが、朝は元気がよかったんです。

出発日の朝5時、

たろう 6さい

ねむ~い

じろう 4さい

起きたくな~い

などとぐずる子どもたちに

せーじん

喝!

を入れつつ、どうにか車に乗車。

そのころには目も覚めてきて、

たろう 6さい

しゅっぱ~つ!

じろう 4さい

おにぎり食いたい!

とか言っていたんです。

で、妻が作ったおにぎりを食べながら、

せーじん嫁

沖縄たのしみだね

なんてお話をしていたんです。

羽田空港に着いて、

駐車場から保安検査場へダッシュしているとき、

ちょっとじろうの様子がおかしいんです。

いつもはでかい声でしゃべって笑って泣いているじろうが、やけに無口。

せーじん

眠いのかな?

と思い、あまりに気にとめなかったのですが、この後大惨事に・・・

ちなみに羽田空港に到着したのは、フライト30分前。

ダッシュしました。

せーじん嫁

焦った~

飛行機内で嘔吐そして発熱!

飛行機に乗っても、あまりしゃべらないじろう。

さっきまで、

じろう 4さい

飛行機って空飛ぶんだよね!

とか、

じろう 4さい

飛行機って早いんだよ~!

とか言っていたのに、大好きな飛行機に乗っても無口。

せーじん

大丈夫?

と聞いても、

じろう 4さい

だいじょうぶ

で、離陸前に寝てしまいました。

せーじん

やっぱり眠かったんだなあ

と思っていたら・・・

じろう 4さい

ゲエエ

いきなり吐きました。

焦るせーじん。

ズボンがすごく汚れましたが、それどころではありません。

とりあえず客室乗務員(CA)の方を呼んで謝罪し、タオルとビニール袋を借りました。

取り乱さず、タオルとビニールを準備してくれるCA。

さすがですね。

キレイなだけじゃないです。

熱はありますか?

せーじん

昨日はありませんでしたけど、今は少し熱いようです

では、測ってみましょう

ということで、測ると・・・

せーじん

39℃!?

じろう、ごめん。眠かったんじゃなかったのね。

幸いにも飛行機はガラガラに空いていて、

3人掛けシートにせーじんとじろうの2人が座っていました。

横にしてあげてください

というお話をいただいたので、寝転がせてあげました。

そのあと、もう一度少しだけ吐きましたが、

2時間半のフライトの大半は静かに寝ていました。

CAの皆さんは、近くを通るたびに、

お加減はいかがですか?

なにかあったら言ってくださいね

と声をかけていただき、飛行機を降りるときにも優しく声をかけていただきました。

せーじん

とてもうれしかったです。

那覇空港到着!

那覇空港に到着したとき、CAからいくつか伝えられました。

  • 病院を受診すること
  • 帰りの飛行機は、コロナじゃないという診断書がないと乗れない可能性があること

帰りの飛行機もそうですが、何よりじろうがぐったりしているので、

まずは病院に向かおうと思いましたが、ちょうど病院が昼休みの時間帯。

ホテルにチェックインして、ホテルの近くの病院を探しましょう。

ホテル日航アリビラに到着しました。

以前、遠くから見たことはあったのですが、近くでみるとすっごい高級感です。

ホテルについての記事はこちらです。

さあ、病院に行こう!と思ったら

そしてフロントで熱があることを伝え、近所の小児科を紹介してもらいました。

ところが・・・近所の小児科4件に電話してもすべて受診を断られてしまいました。

旅行者は受け付けていただけないようです。

せーじん

コロナを疑われているなら・・・

と、沖縄県立コロナ感染症コールセンターに電話して症状を伝えました。

  • 今朝飛行機の中で急に発熱し、嘔吐したこと
  • せーじん家の周囲にコロナ感染の確定者はいないこと
  • 下痢症状はなく、咳もないこと

そして、今いる場所(ホテル日航アリビラ)を伝えると、しばらく保留となりました。

で、お話の内容は、

滞在先の沖縄県読谷村は沖縄県中部地区という地区に該当し、

中部医師会のウェブページでウェブ問診をすると、紹介する病院が出てくる

とのことでした。

それで出てこなかったら、もう一度電話してください。とのこと。

では、やってみましょう。

この画面には写っていませんが、下にある同意ボタンを押すと、

こういった質問項目が出てきます。

症状を聞かれるだけなので、すぐに終わります。

で、最後に送信すると結果が出てくるはずです。

せーじん

病院名、でてこないやないかーい

もう一回コールセンターに電話しようか、と思っていたところ、

せーじん嫁

救急外来に電話したよ!

と、うちのデキる嫁ちゃんが救急外来のある病院に電話し、受診の承諾を貰ったとのこと。

よし、すぐ行こう!

大きな病院に行きました

救急外来のある病院とは、沖縄県立中部病院という病院だそうです。

ウェブページを見てみると、コロナじゃないという診断書は出さないとトップページに記載がありました。

でも、行くしかないよね。

グーグル先生に道案内をお願いすると、到着まで1時間!

せーじん嫁

遠っ!

でも、行くしかないよね。

ここでも、

じろうの症状や、

せーじん夫婦の仕事場での感染状況、

保育園での流行している病気があるか

などを聞かれました。

そしてお医者さんからは、

症状からして胃腸炎の可能性が高い

しかし、検査をしたわけではないので断定はできない

コロナではないという診断書は書けない。それは、この病院だけでなくどこの病院でも同じだ。

コロナが流行してから旅行者が来ることが珍しくなったので、航空会社の取り扱いは病院ではわからない

というお話をいただきました。

とりあえずコロナではなさそうで、安心しました。

帰りの飛行機のことは、まあありのままをスカイマークに話せばいいや。

ということで病院を後にしました。

沖縄の病院は、お医者さんも、看護師も、受付の人も、警備員までもが親切でした。

おきなわ、あったけ~。

せーじん

保険証を持っていかなかったので、10割負担となりました。まあ、1万円で済んでよかったです。

じろう、復活!

その日はずっと体調が悪く、ずっと寝ていました。

まあ、

じろう 4さい

腹減った

とか言って、色々食べていましたが。

そして翌朝・・・

じろう復活!

完全に元気になっていました。熱も平熱に戻ってましたよ。

せーじん嫁

やっぱりじろうは元気じゃないとね!

帰りの飛行機では

少し心配だった、帰りの飛行機。

搭乗手続きのときに、

診断書はありますか?

と聞かれました。

病院で医師から聞いたことをそのまま伝えました。

医師からは胃腸炎と言われ、現在の症状は何もないことを話しました。

すると、その場でじろうの体温を測定、平熱の36.8℃でした。

スタッフ間で少し話をしていましたが、無事飛行機に乗ることができました。

じろう 4さい

よかったね

せーじんが学んだこと

旅行に保険証を忘れない

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

こんなことを書いています
閉じる